医師国家試験の合格率は高い

医師になるための知識

医師国家試験について

医者になるためには、基本的に医師国家試験に合格する必要があります。その合格率は近年は90%前後で推移しており、合格率だけで見ると非常に簡単な試験のように思われるかもしれませんが、そんな事はもちろんなく非常に難易度の高い試験となっています。ではなぜ合格率がここまで高いのでしょうか。理由は受験資格にあります。医師国家試験は誰でも受けられる試験ではなく、基本的に医科大学の医学部医学科を卒業でないと受験する事が出来ません。つまり6年間大学において医学の専門教育を受けて、初めて受験する事が出来る試験なのです。従って、医学の基礎知識をしっかり備えた人だけが受けられる試験なので、自然と合格率が高くなるというわけです。合格率だけを見ると簡単に見えるので不安になるかも知れませんが、医学教育をきちんと受けて、その上で試験に合格して初めて医者として活躍できるので、我々も安心して治療を受ける事が出来るという訳です。

人気の国家試験について

医師国家試験というのは、弁護士さんの司法試験と同じように、とても難易度が高いながら人気の国家試験とされています。それはどうしてかというと、医者というのは基本的にとても割の良いお仕事と言われているために、医者としてお仕事をする場所さえ持っていれば、お金に困る事もない職業だからです。また最近では、高齢化の動きもどんどん進んできているために、お年寄りの数も増えてきていますし、それに伴い当然ながら病院通いをする人も多くなるからです。そのために、最近では医療関係者の数が足りなくなってしまい、スタッフの過労という問題まで持ち上がってきています。お医者さんが足りなくて困っている病院などの医療施設では、今までよりも良い条件で医者を呼び寄せるという対策をとっているところも少なくないため、新しい職場を探そうと思っている医師には、就職難という言葉は無縁です。様々な労働条件などもあるので、選ぶ際には注意しておくことも大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師についての相談は. All rights reserved.