医師の妻が身に付ける事

憧れの医師と結婚

医師との結婚で考えること

高収入で社会的地位がある医師との結婚は憧れますが、1年のほとんどを病院で過ごし、休みの日も急患が入ってくると呼び出される事もあるため、家庭の事を顧みる余裕がないというケースがあります。特にお子様が生まれてからこのような状況が続くと、奥様としてもなかなか大変なので、この点をきちんと考えておく必要があります。医師との結婚にあたり奥様が身につけておかなければならない点はいくつかありますが、その一つが達筆である事です。今はパソコンで年賀状や挨拶状を書くことが増えましたが、先生に変わって手書きをしなければならないケースもあるので、資格は持たなくとも通信講座などで勉強しておきます。またお医者さんの妻としてお食事会に呼ばれる事もありますので、テーブルマナーがきちんと出来る事が大切です。他の方にはその人の良い所ではなく、悪い所ばかりが目についてしまうので注意しなくてはなりません。習い事も茶道や華道などといった医者に好まれるようなものを学んでおくと良いです。

女性の結婚相手の条件とは

結婚相手の条件として、医師をあげる女性は少なくないようです。その理由としては、給料が多いので生活に困る事なく、ある程度高い生活レベルを保つ事ができるからです。それは確かに事実です。普通のサラリーマンや公務員の主婦よりかは贅沢できるかもしれません。しかし、給料の高さやエリートという肩書きだけにひかれて選ばないようにしましょう。確かに給料は高いですので生活に困る事はないかもしれません。しかし医師としての仕事はとてもハードです。家族と過ごす時間が普通のサラリーマン家庭よりも少ないかもしれません。また、せっかく家族で出かけようと準備していても、急患が入る事もあるでしょう。そういう状況なども起きるという事をあらかじめ予測しておきましょう。確かにハードな仕事ですから、家族と過ごす時間は少ないですが、それでも患者の命を守るために一生懸命働く夫を持てるのは素晴らしい事です。ぜひ結婚相手を立場で選ぶのではなく、人となりをよく観察しましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師についての相談は. All rights reserved.